FC2ブログ

肺炎でした

2007/07/26  CATEGORY/diary
かっくんのずっと続いている咳。
子供だし、咳は長引くのはしかたないとは思っていたけど夜中辛そうだし、咳こみすぎて何度も戻すし…。


咳さえ出なければ元気だし、食欲もあるからいつもの近くの小児科のお薬で様子を見ていたけどここ二、三日保育所で微熱があったり。
そして昨日、昼近くには八度五分に。
大きい病院で見てもらったほうが、とも思ったけど総合病院の小児科はほとんどどこも午後は外来診療なし。
なので、隣市の小児科へ行ってみることに。


そこは友人の子供たちのかかりつけで評判はわりといい、と聞きます。
しかしそこの先生。
…口が悪いし、顔も恐いんだな。
いつもの小児科の先生は優しいんだよね。
それに慣れていたかっくん。
しょっぱなからガツンと先生に一言やられ、案の定号泣。


その後、血液検査のための注射でも大号泣。
注射、かなり久しぶりだったからなおさらね。
で、駄目押し、点滴で大暴れ。
診察始まってから点滴おわるまで丸々一時間泣きっぱなしでした。




そして、検査の結果を聞きに今日も行ってきました。
昨日がああだったから今日は朝から行きたくないと泣いていて。
でもなんとか今日は痛いのないよ、となだめて落ち着いてくれて。


しかし、やっぱり診察室の前で半ベソ。
先生の(恐い)顔を見るなりまた号泣ですわ。
で、今日もレントゲンに点滴。
またまた大号泣の一時間でした。


で、レントゲンとってみた結果、軽い肺炎になっているとのことでした。
だから咳ひどかったんだね。




そして、明日も行かなきゃいけません。
さすがにもう点滴はないと思うけど、かっくんはもうトラウマになってるようであのお医者さん行きたくない、いつものお医者さんがいいと泣いてます。


明日も大変だな。




いつものお医者さん。
優しいし対応は悪くないのだけど、今まで血液検査したりレントゲンとってくれたりしたことがないのです。
いつも風邪だね、と。
だからちょっと心配なところもあって…。
でもかっくんはその先生が好きなんだよね。


今日行ったお医者さんはきちんと検査してくれる。
口が悪い、と友達に聞いていたから私はそれほど気にならない。
でも子供はいじわるなことを(しかも恐い顔で、だからね~)言われたら冗談と流せず真に受けてしまう。


治ってくれるのが一番だけど、体がツライときにさらに嫌な思いさせるのもなんだかかわいそうだし。
大人以上に子供は医者選びが難しいなあ。
(わが町にはいつも行っている小児科一軒しかありません…。)




昨日は早退して誕生会のまぜご飯もケーキも食べられなかったかっくん。
今日は昆虫王国にカブトムシ見に行くはずだったのにそれもお休み。


また今度連れて行ってあげるね、と言ったら、先生(保育所のね)と行きたかった、と泣かれました。
母、がっくり

スポンサーサイト